日本でのベジタリアン・ヴィーガン食に取り組んでいる人の人口割合は?

コラム

「日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査 by Vegewel」によると日本でのベジタリアンまたはヴィーガン食に取り組んでいる人の人口割合は以下のデータになっている模様です。

第1回調査第2回調査
ベジタリアン3.8%4.8%
ヴィーガン1%2.1%

調査方法がWEBアンケートになっていますので、回答した人の多くは「菜食生活に興味のある人」と思われる為、実際より割合は多くなっているものと思われます。

海外での統計データでも、同じように興味のある人の方が多く回答しているものと考えられますが日本と海外を比較する分には問題ないかとも考えられますが、話題性から非常に菜食意識が高いアメリカやイギリスと比べてこの統計データでのヴィーガン食の割合は高すぎるようにも思えます。

第1回が2017年12月に調査、第2回は2年後の2019年12月に調査されていますので、ベジタリアン・ヴィーガン食を始めている人は増加傾向にあるようです。

また、徹底していないまでも「肉や魚を減らすことを意識した事がある」というアンケートでは20%近くものひとが「ある」と答えていることから、日本での菜食意識が高くなっている事が伺えますね。

2019年12月29日コラム

Posted by 菜食生活