コンビーフ | 菜食に コンビーフの原材料や食品情報

缶詰

コンビーフ(こんびーふ、コーンビーフ)は牛肉を塩漬けにした保存食品で、欧米では缶詰ではブロック肉が主流で缶詰ではない。
このページはコンビーフで使われている原材料やベジタリアン・ヴィーガン食でも利用可能な食品・食材かどうか、代わりになる食品や食材などの情報ページです。

基本的なコンビーフの原材料一覧

一般的なコンビーフの原材料の一覧です。
原材料からコンビーフがベジタリアン・ヴィーガンでも食べられる食品かどうかを紹介。

原材料ベジタリアンヴィーガン
牛肉××食用に畜産された牛の肉。
ゼラチン××牛骨、牛皮、豚皮などから抽出した動物性タンパク質。
食塩海水の乾燥や岩塩の採掘によって生産される調味料。
野菜エキス様々な野菜から抽出された野菜のエキス。
砂糖主にサトウキビやテンサイを原料に生産される甘味料。
香辛料ナツメグやニンニクなど調理の際に使う香りや辛味料の総称。
増粘多糖類澱粉や果実、藻類などから抽出した増粘剤。
アミノ酸食品に使われているものは主に植物由来の原料でつくられています。

香料、保存料、着色料などの添加物のデータ情報は商品に記載されている原材料情報をご確認下さい。

一般的なコンビーフはベジタリアン・ヴィーガン食では使えない

一般的にコンビーフで使われている原材料に牛肉・ゼラチンが含まれているのでベジタリアン・ヴィーガン食共にレシピに利用できません。

また、ヴィーガン食でのみレシピに利用できない原材料などは含まれていません。

基本的な原材料ではヴィーガン食としてはNGなコンビーフですが、牛肉などが使われていない植物性由来の材料のみで作られたコンビーフの食品もあります。

コンビーフの菜食向け代用食品などの紹介

コンビーフの基本のレシピや商品と菜食向け・ヴィーガン食向けのレシピや食品商品が見つかれば紹介していきます。

また、コンビーフの代わりになる代用食品、食材なんかも追記していきます。

明治屋の脂肪カットコンビーフ

コンベジは大豆たんぱくを中心に植物性由来の原材料で作られたコーンビーフ風食品です。